タクシーまたはバス(観光)のご用命はこちらまで

タクシー

058-246-1212

バス(観光)

058-247-8881

時来夢希ツアー g-06

兵庫   姫路モノリスのフレンチと姫路城
 

出発日  4/18(木)・ 6/7(金)

お一人様費用15,800円

[コース]

日本タクシー本社(7:20発)
→日本タクシー愛知営業所(7:45発)
   ↓
①姫路モノリス(昼食)
   ↓
②姫路城(ボランティアガイド付見学)
   ↓
③好古園(見学)  
   ↓
各地(19:45~20:15)

①姫路モノリス

時を超えて愛されるモダン美空間が祝宴の舞台

姫路城の正面に佇む旧逓信省姫路電信局建設から約80年の時を超え、市指定の景観重要建築物にも指定されているこの建築を、洗練されたウエディングの舞台として再生させたのが姫路モノリスです。 時の流れが醸す気品とモダン建築美が見事に調和する唯一無二の空間で、 優雅なお食事をおたのしみください
 

②姫路城

姫路城は天を舞う白鷺のように見える姫路城は別名白鷺城(はくろじょう・しらさぎじょう)ともいわれ、 建築技術の粋を極めた傑作として、1993年12月法隆寺とともに日本で初の世界文化遺産に指定されました。
現在の姫路城は、徳川家康の次女督姫を妻とする池田輝政により建てられたもので、関ヶ原の戦いの翌年にあたる慶長6年(1601年)から8年の歳月が費やされました。それまで羽柴秀吉がその20年前に建てた三層の姫路城が建っていましたがこの城を取り壊し、5層7階の天守となりました。
姫路城には数々の物語が残っており、聡明で美しい姫といわれた徳川家康の孫娘である千姫の物語や、宮本武蔵の妖怪退治、播州皿屋敷お菊井戸など建築以外にも多くの物語の舞台として魅力あふれるお城です。
 

③好古園

好古園は世界遺産・姫路城を借景にした約1万坪の本格的な日本庭園です。
池泉回遊式の[御屋敷の庭]や本格的数寄屋建築の茶室・双樹庵のある[茶の庭]など9つの庭園群で構成され、江戸の情緒を醸し出すそのたたずまいは、時代劇や大河ドラマのロケ地としても使われています。
 

ツアー一覧に戻る