タクシーまたはバス(観光)のご用命はこちらまで

タクシー

058-246-1212

バス(観光)

058-247-8881

時来夢希ツアー f-14◇

安城   安城・吉野屋のいちじく懐石と丈山苑の庭園
 

出発日  9/28(金)

お一人様費用14,800円

[コース]

日本タクシー本社(7:15発)→日本タクシー愛知営業所(8:15発)
→一宮駅「旧織姫像の前」(8:40発)
   ↓
①丈山苑(庭園見学)
   ↓
②吉野屋(昼食)
   ↓
③有松めぐり(散策)
  
   ↓
各地(17:00~17:45) 

①丈山苑

江戸時代初期の武士・文人として名高い石川丈山(いしかわじょうざん)は、碧海郡泉郷(現在の安城市和泉町)の生まれです。後半生は京都に建てた詩仙堂(しせんどう)ですごしました。丈山苑は、その詩仙堂のイメージを生誕地に再現したものです。自適に生きた丈山のこころを、四季折々の草木をとおして感じることができます。
 

②吉野屋

1899年の創業以来、皆様に育まれ、118年。親子4代にわたり受け継がれている老舗です。
いちじくをふんだんに使った懐石を是非この機会にお楽しみください!!
 

③有松めぐり

有松は、慶長13年(1608年)尾張藩によってあらたに作られた茶屋集落です。これよりさき慶長5年(1600年)の関ヶ原の合戦以降は、天下の政権が徳川氏の手に帰し、江戸が幕府の所在地ととなりました。
 東海道では鳴海宿と池鯉鮒宿など53宿が設けられ、あらたな東海道が生まれました。尾張藩は、藩内の宿場の制度を整えて、東海道の修築につとめていましたが、鳴海宿以東一帯は丘陵の起伏している間に松林が生い茂り、人家も耕地もなく、街道はきわめてさびしい状態でした。ときどき盗賊の類が出没し、旅人に危害を加えることさえありました。そこで、この附近に新しく部落を設ける必要を感じ、慶長13年(1608年)12月、一種の特典を与えて移住を奨励することになったのです。このときの布告は知多郡全体に発せられたものと思われますが、現在有松町につぎのような写しが伝存しています。
 

ツアー一覧に戻る